Chamomile

signs.exblog.jp

カモミールのように・・・              優しくたくましく

繋がり

f0081843_1113610.jpg
3つの命のつながり

人と人とのつながりのなかで
人と自然とのつながりのなかで
心と体とのつながりのなかで、
「命」は守られている
ぼくらは、この3つのつながりを常に紡ぎなおしながら、
地域に生きる人の「命」を支えていこうと思っている


鎌田實先生の言葉です。
長野の諏訪中央病院の名誉院長であり、
f0081843_1154249.jpg

f0081843_1155748.jpg
『がんばらない』 『あきらめない』の
著者でもあります。
生きるとはどういうことか、
死ぬとはどういうことか。。。
訪問看護をしながら困難なことに出会うと
助けてもらっているのです。


先日、友人に『ひまわり』というアルバムをプレゼントしていただきました。

友人は、『ひまわり』は誰にでもプレゼントできるものではないの!
響く人に。。。聴いて欲しい。。。  そんなことを言っていました。

f0081843_1116566.jpg

1.「ひまわり」 
2.「見上げてごらん夜の星を」
3.「ウェディング・マーチ」
4.「遠くへ行きたい」
5.「死んだ男の残したものは」
6.「早春賦」
7.「水母」
おまけ
  「G線上のアリア」

坂田 明(ジャズサックス奏者)  『ひまわり』
このCDの収益金はチェルノブイリとイラクのこどもたちの医療支援に使われます
そう書いてあります。
そして、こんな説明文が入っていました。

f0081843_11245153.gif


「サックスが好きなご主人と聴いてね」と・・
友人がCDのコピーではなく『ひまわり』そのものをプレゼントして下さった
訳がわかりました。
こうして私も記事をUPすることで、ささやかではありますがお役に立てればなぁと
思っています。

こうして、いろんなことが繋がっている。
看護も環境もそして音楽も。。。





f0081843_1240590.jpg

以前からご紹介しておりますこの本の著者
萩尾エリ子さん
この方も、グリーンボランティアとして諏訪中央病院で活躍しているそうです。

ある日の萩尾さんの日記です。


大地に立って2007年7月1日(日)

f0081843_12483178.jpg


諏訪中央病院の庭は、その日、光に満ちました。
「ここの花をいっぱいにつけて、いつか踊ってね」。小さな約束は叶い、
フラの踊り手は3人の仲間と共にやってきました。
たくさんの人に見守られ、10年かけて育てられた庭が舞台です。

裸足に草の感触が伝わり、風が吹けば、緊張は土と光の中に解けてゆくのでしょう。
それは限りなく優しいフラでした。
踊る人が、裏方の人が、見る人が、時おり涙を流し、病と共にある時を、思い悩む時を、
それぞれの時を携えて、草の上に集いました。

踊ることの意味を、今ここに居ることの意味を、うっすらとではなく、はっきりとわかる。
「祝福」という言葉を、全ての生命が作りだした時間でした。

         萩尾エリ子 / simples   
蓼科ハーバルノート・シンプルズHPより
[PR]
Commented by yourthful-days at 2007-09-23 21:39
こんばんは
この鎌田先生のメッセージを読ませていただいて
私も胸が熱くなりました。
それにこの素敵な文字。とてもいいですね

人のつながり

あきらめない

心に記しておかなければいけない大事なものだと思います。
Commented by yasuko-sign at 2007-09-24 09:59
☆ riverさんへ ☆
私は仕事柄(訪問看護師をしております^^)
人の命に関わらせていただくことが日常で。。。
今までにも、時には、自分が壊れてしまいそうなこともありました。

鎌田先生や日野原先生(聖路加国際病院)のお話を聴きながら
自分に自信を取り戻したり。。。もう一度前を向いて歩こうって思ったり・・・
そんな毎日です。

世界で起きている全てのことは、きっとみんな繋がっていて、知らない間に自分を取り巻いている。。。この頃強くそう思うのです。

>それにこの素敵な文字。とてもいいですね・・・riverさんにそうコメントしていただいて、ふっと思いました。
文字も、人の気持ちを表す芸術ですね。そしてこれも人が繋がる大きな要素ですね。  すんごい@@~~ (笑)
Commented by ayano-812 at 2007-09-24 11:13
yasukoさん
お久しぶりです。っていうかずっとお邪魔していたのですが
ばたばたしていてコメントせず・・・すみません。
ご心配おかけしました。
yasukoさんの所で実習して訪問看護を志し、4年目。
訪問看護を知ってほしいと始めたブログで再びyasukoさんに出会い、
本当に人と人との繋がりの深さ、不思議さに驚いています。
訪問で出会った人たち、もう亡くなられた方、
今病気や障害と向き合っている方、
全ての方との出会いが私の大きな財産です。
これからも財産を胸に進んでいけたらと思います。
鎌田先生の味わい深い文字と文章を目にして
そんなことを改めて感じました。
Commented by nana at 2007-09-24 11:51 x
鎌田先生も萩尾さんも、お二人ともなんて素敵な言葉を綴られるのでしょう!
優しくて強くて、文章を拝読するだけで 本当に心が安らぐのが分かります。
「すべての命が作り出す“祝福”」 ・・その時の空気の優しさが
こちらにも伝わってくるようでした(涙
それから、「ひまわり」のCDそのものをプレゼントしてくださった友人のかたも
とってもお優しいひとなのですね^^
鎌田先生のそのままの想いを、きっと届けたいと思われたのでしょうね。。
そしてyasukoさんの心で受け取ってくれたこと、ここで繋がれていくこと。
またそれも 命のバトンのような気がします。
私も ぜひ鎌田先生の本を読みたいと思います。
諏訪・・八ヶ岳・・・。 あの澄んだ空を思い出しながら^^
Commented by yasuko-sign at 2007-09-24 18:25
☆ ayanoさんへ ☆
良かったぁ~お元気でしたか。
ステーションでの立場も変わられてきっと忙しいのだろうと。。。
いいんです。お元気なら・・・ここのところミスチルネタばかりで
コメントしずらかったよね(^0^)ゝ

と、ayanoさんのコメントを読ませていただいて、背筋が伸びるようなそんな気持ちでいっぱいになりました。
この頃ね、年齢を重ねているからなのか、自分なりにわずかな努力をしている成果なのか・・・今までと違う世界が見えてくるような。。。ね。
人はいろんなところで繋がっていて・・・
きっと、ayanoさんにもいつか巡り会えるって信じています。

明日もayanoさん、きっと笑顔で訪問されるでしょう、お互いにがんばりましょう!
Commented by yasuko-sign at 2007-09-24 18:33
☆ nanaちゃんへ ☆
この方達は、きっと無理なさったりせずに、自然にこんな気持ちがあふれてくるのでしょう!
もちろん、そこに至るまでの努力たるや並大抵のことではないでしょうが・・・
私は、まだまだ受け取る側・・・
でも、こんな想いを受けとめられる幸せも感じています。
そして、こんな些細なバトン。。。受け取ってくれてありがとうね。
nanaちゃん!
鎌田先生の「がんばらない」は以前西田敏行さんが主演でTVドラマ化されました。
人の命、人の温かさ、自然の優しさなど。。。感じられると思います。
良かったらぜひ読んでみてください。
by yasuko-sign | 2007-09-23 11:27 | Diary | Comments(6)