Chamomile

signs.exblog.jp

カモミールのように・・・              優しくたくましく

祝婚歌

昨日の夕方・・・「yasukoさんに見せたい物があるの」と友人に呼び止められた。
彼女が言うには、相手の感性をみて、この人なら、感じあえる?! と思う人に
見せると言う。

        祝  婚  歌

            二人が睦まじくいるためには
           愚かでいるほうがいい
           立派すぎないほうがいい
           立派すぎることは
           長持ちしないことだと気付いているほうがいい
           完璧をめざさないほうがいい
           完璧なんて不自然なことだと
           うそぶいているほうがいい
       
           二人のうちどちらかが
           ふざけているほうがいい
           ずっこけているほうがいい

           互いに非難することがあっても
           非難できる資格が自分にあったかどうか
           あとで
           疑わしくなるほうがいい

           正しいことを言うときは
           少しひかえめにするほうがいい
           正しいことを言うときは
           相手を傷つけやすいものだと
           気付いているほうがいい

           立派でありたいとか
           正しくありたいとかいう
           無理な緊張には
           色目を使わず

           ゆったり ゆたかに
           光を浴びているほうがいい
           健康で 風に吹かれながら
           生きていることのなつかしさに
           ふと 胸が熱くなる
           そんな日があってもいい
           そして
           なぜ胸が熱くなるのか
           黙っていても
           二人にはわかるのであってほしい
                                       (吉野 弘 著)


私は、この詩を聞いたことがあった。5年程前の忙しい朝の時間・・・
朝の家事をしながら、いつもつけていたFM NACK5  
大野勢太郎さんの渋く、そして甘い声で朗読された時、
あわただしく毎日を送っていた私は、はっとさせられた覚えがある。
『祝婚歌』    題名は頭と心に刻まれていたけれど、こんな形で再会した。

友人としばし、この詩を挟んで語り合ってしまった。
「結婚当初にこれを読まれたらちょっと難しいね」
「今だから、心にしみてくると言うか・・・」
「随分、前に書かれた詩なのに、こんなにも惹かれるのってすごいね」

この詩を繰り返し読んでみて、今感じること・・・

これは、夫婦のことだけを言ってるんじゃないなぁ。ひとの生き方っていうか・・・
あぁそうか!夫婦だからって、甘えたり、言い合ったりするのは
当たり前なことではないんだ
尊重しあうって当たり前のこと、忘れてたかも・・・

まぁ、今日はこんなふうに感じ、少し反省している。(きっと、昨日ちょっとした、けんかをしたからだろうと思う。。。犬も食わない・・・)

     
[PR]
Commented by yoko59225 at 2006-04-14 02:34
随分前の記事になりますが・・TBさせていただきました。私も吉野弘さんの詩とても好きです。やわらかな言葉なのに心が痛いというか。びしびしと響いてきます。人の気持ちはままならない・・。自分の気持ちも把握できない・・^^;
Commented by yasuko-sign at 2006-04-14 20:21
☆ yokoさんへ ☆
TBありがとうございます。
yokoさんの記事も見せていただきました。「樹」も心に響く詩ですね。

人は未熟だから、一生懸命に生きられるんだと思うけど・・・
ほんとに、『自分の気持ちも把握』できません、私も。。。
Commented by simple2601-chil at 2006-04-15 00:28
私も今、この詩を読んで日々の自分にとてもとても反省している所です。。
すべては相手を思いやる心、、なのかもしれませんね。
なんだか、この詩を読んでハッとさせられました。
yasukoさん、どうもありがとう(^‐^)
Commented by nana at 2006-04-15 14:07 x
とてもいい詩ですね。。。プリントアウトしちゃおうかナ^^
必死に完璧を求めている、というわけではないけれど、やはりどこかで
「もっとキチンとしなければ!」という思いが いつもあります。
だから、この詩を読んで少し救われた気がしました^^
私は ずっこけてていいんだって・・(笑)
↑だってほんとにコンプレックスだったの;
あと、“正しいことを言う時は 相手は傷つきやすい・・” にハッとしました。
本当にそうですね・・反省; やっぱりプリントして貼っておこう!
yasukoさん、素敵な詩をきかせてくれてありがとうございました♡

相手の感性をみて 詩を見せてくれる ご友人、ステキですね!
ということはyasukoさんも とても素敵なかたなんだろうな♪
Commented by yasuko-sign at 2006-04-15 17:05
☆ simpleさんへ ☆
やっぱり、共感してくださったんですね。 ありがとう。。。
今日思っても、明日はまた失敗したり、生きることって大変なことが
多いですね。
でも、simpleさんにとっても、私にとっても思いやる対象になる
家族や、友人がいる。 それがまた幸せな事のように思えてきました。
この詩もそうだし、桜井さんの詩もそうだし、ありがとうって感じです。
Commented by yasuko-sign at 2006-04-15 17:16
☆ nanaさんへ ☆
私も、ずっこけです。小さな頃から、学校のクラスの中では、ずっこけ役
で、私がずっこけて、誰かが笑ってくれれば、それでうれしかった。
今でも、皆が笑ってくれるとすごくうれしくて、一人ぼけ、つっこみ
してしまうこともあるんですが、子供の頃に比べると、ちょっと欲張りに
なってるのかもしれない。
大人だから、こうしなきゃ。正しく生きなきゃ。子供に伝えなきゃ。
いい夫婦でいなきゃ・・・なんて
肩の力抜いて、ゆったり、ゆたかに生きられたらいいな!と思っています

Commented by childrenmammy at 2006-04-18 13:24
とても心にしみこんでいきました。
ちっとも押し付けがましくなく、ふんわりとやさしいものごしで、
それでいて本質をきちんとあらわしている。
そんな風に思いました。
そして、とっても心があたたかくなりました。
一緒に暮らし始めた頃のわたしたちに、
この詩を読ませてあげたいなぁ。
若くて、なんにも知らなくて、けんかもよくしてたわたしたち。
17年かかってここまできて、
この詩の意味がものすごくよくわかります。
とってもすてきな詩ですね。
いつも心においておきたいです。
Commented by yasuko-sign at 2006-04-18 22:31
☆ childrenmammyさんへ ☆
ありのままで、お互いを大切に思い続けることって、簡単なようで、ものすごく難しいことですよね。
大切だと思うからこそ、気持ちが、ざわざわ騒いでしまうような日も
あります。
でも、一人じゃだめなんですよね。二人だからいいんですよね。
『祝婚歌』   読み返し、振り返りながら、少しずつ一緒に前に
進もうかなと思います。
by yasuko-sign | 2006-04-13 23:50 | Diary | Comments(8)