Chamomile

signs.exblog.jp

カモミールのように・・・              優しくたくましく

じいちゃん語録3

認知症の専門外来受診に向かう途中。。。
私の運転で、父は助手席。
認知症の回想法という治療もあるくらいだから、
私は父の昔の話を聴きだす。

私 : お父さん、お父さんの生まれたところって静岡の何処だっけ?
父 : 裾野市って言って、富士山のたもとにあるよ

私 : お父さんは走るの速かったんだよねぇ
    とびっくらだっけ?
父 : そうだよ、とびっくらじゃあ、群でも1、2を争う速さで、街の駅伝大会じゃ
    近所の人が総出で応援するんだよ(身振り手振りもあり ^^)

私 : そうかぁ、だから私も弟も陸上部に入ったんだね。
    足が速いのは遺伝なんだぁ~
父 : どや顔~笑顔 (^-^)

父 : (急に窓の外を見て、身を乗り出す)
    (白いワゴン車を見つけて) あれ、介護の車だぞ。
    この頃、良く走ってる!

私の心の声 : そうだね、デイサービスの送迎車に良く似ているね。
          いつも、お世話様です ハイ!
[PR]
Commented by aya at 2011-11-18 19:22 x
こんな言い方は失礼かもしれないけど、お父さん、かわいいですね(^-^)
お会いしたこともないけど、前にもお父さんのお話を読んだとき、フフっとこっちまで笑顔になりました。
yasuko さんとお父さんの様子が目に浮かぶよう(^-^)
きっと、yasuko さんやお母さんがにこやかに介護されているからなんだろうなぁ(^-^)
介護の日々は家族にしかわからない大変なこともたくさんあると思いますが、介護されるお父さんが笑っていられることが一番ですね。
yasuko さんもご家族の皆さんもステキだなぁ。


Commented at 2011-11-20 08:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yasuko-sign at 2011-11-20 20:40
☆ ayaさんへ ☆
笑顔が最高なんですが、結構修羅場もあるんです(^^;)
父は悪意が無いのに、周りのみんなが困ることって日常茶飯事。。。
同居の母と弟は大変なようです
例えばね。仕掛けておいた炊飯の予約時間にふたをあけっぱなしにしてしまう父。本人は「もう炊けたかなぁ~」って心配して見るらしいんだけど、結局ちゃんと炊きあがらずに、気づいた時には餅状になってたとか
私は笑っちゃうけど、家族にしたら笑い事じゃないよね。
まぁ、できるだけ周りからサポートしてみます。
じいちゃん語録は今後もUPしていきます。これも父が発する大切な言葉。いつか話せなくなることもあるんだろうから。。。大切に(^-^)v
Commented by yasuko-sign at 2011-11-20 20:43
☆ 鍵コメさんへ ☆
鍵コメさん、ありがとう!
今日の日中は抜けるような青空で、きっと繋がってるって
なんだかそちらを想い浮かべていました。
今日という一日を、そしてまた一年。。。大切にするね。ありがとう!
Commented by aya at 2011-11-21 23:24 x
そうなんですね…。
いつか話せなくなる日が来る、だからお父さんが発する一言一言を大切に…。
そんな想いでupされていたんですね。
私ったら、わかったようなつもりで何もわかっていなかったんだなって、恥ずかしいです。
yasuko さん、ごめんなさいね。
yasuko さんとお父さん、ご家族のみなさんが毎日、笑顔ですごせますようにと祈っています。
Commented by yasuko-sign at 2011-11-22 00:34
☆ ayaさんへ ☆
ayaさんの優しい気持ち受けとりました。ありがとう!
笑顔が浮かんでくる文章が書けていたなら大成功!(^-^)v
逆に嬉しいです。

起きてくるさまざまな現実に、私は職業柄、結構シビアな判断をして、弟に「お姉ちゃんはわかってるだろうけど・・・」と、冷たい娘扱いされたりしています(^^;)
ほんとうに24時間一緒にいる母や、仕事から疲れて帰ってきて、母の愚痴を聴き、父の我がままを聴く弟にとったら、認知の症状を面白おかしく表現するのは心外かもしれません。

でも、どんなに苦しい中にも笑顔があったら、同じ出来事でも笑いに変えられる力があったら、人は楽しく優しく生きていけるような気がするのです。
父のことだから、私も戸惑いはあります。
でもね、もし良かったらayaさんも一緒に笑顔になってください。
それが一番嬉しいです(^-^)/
Commented by tonchan at 2011-11-23 12:35 x
じいちゃん語録…なんだか読んでいて温かくなります。
いろいろ大変な事もあるけれど
思わずクスって笑えるから家族も頑張れるのかも。
何より、お父さんが愛おしく感じれるものね。

またまたうちの父の話ですが
先日、私が尋ねた姉の留守の時
トイレで失敗して下着を汚してしまったの。
うちの父は年相応のボケ具合なんだけど
身体の動きがあまりよくないので。
汚れを拭いてあげて新しい下着履かせてたら
なんだか我が子のような気持ちになっちゃったよ。
でもね、帰りには
「車の運転には気をつけて帰りなさい!」
とか言ってんの(笑)
ホントにね〜面白いったらないです(^^)
Commented by yasuko-sign at 2011-11-23 21:37
☆ tonchanへ ☆
語録って辞書で調べたら、結構偉い人が言った言葉的な内容なんだけど・・・笑
いやぁ~ ほんとうに可愛いって言うか、愛おしいって言うか、
親のことをこんなふうに思うようになったってことは私たちも結構な大人だよね(^-^)

そして最近思うことは、父も母も身をもって私に何かを教えてくれているってこと。
それは私が生まれた瞬間から続いていることで、今じゃ、年をとることってこういうことなんだよ。認知症の人はこんな風になって、家族は大変な想いをすることを知っておきなさい。
yasukoはそういうことをちゃんと知って、看護師を続けなさい、って言われているみたい。。。

面白くて、嬉しくて、ちょっと寂しくて、ありがたくて・・・いやんなっちゃう。。。
by yasuko-sign | 2011-11-18 16:26 | Diary | Comments(8)